身近な出来事として想像力をはたらかせるきっかけになったら
その先の「未来」に向かって活力を得てもらえるような作品にしたいと考えています